福島桃の限定販売

福島県では毎年、7月中旬から9月下旬まで様々な桃の品種を収穫・出荷しております。今年も、早生種である『暁星(ぎょうせい)』から出荷を開始、その後は福島桃の代名詞『あかつき』や姉妹品種である『まどか』を桃 販売.netより出荷致します。

桃販売.netの桃はこちらから

  • 3kg(9〜10玉) 販売価格\3,240

  • 2kg(5〜8玉) 販売価格\2,160

  • 1kg(4〜6玉) 販売価格 \1,080

桃販売.netより販売される品種は毎年、白鳳やたまき・暁星(ぎょうせい)から始まり、あかつき・まどか・黄金桃・川中島白桃、紅錦香(くにか)・さくら白桃などといった、様々な桃の品種を福島の農家から産地直送によって販売致しております。早生種である日川白鳳、たまき、暁星(ぎょうせい)など、福島県の代表品種である『あかつき』の販売以前にも様々な品種を栽培することで、桃本来の味わいを徹底的に吟味しながら、甘くておいしい桃だけを厳選して販売します。
また、桃販売.netでは少しでも多くの方々に福島の代表品種を味わっていただきたく、そして甘味・食感共に最も評価の高いものを販売すべく、様々な品種の中から選抜した桃を販売させていただきます。桃販売.netは、すべて40年の歴史と伝統を持つ、販売実績のある農家が育てたものだけをお届けしておりますので安心です。(生産者の声)


福島桃の収穫は暁星から

桃販売が育てる畑付近では、さくらんぼやりんご、冬菜やちぢみ菜といった野菜も栽培します。それらの育て方は基本的にそれほど変わりはなく、桃 栽培方法もまた、人間でいう子どもを育てるような接し方で、優しく、そしてじっくりと見守るように育てております。

おいしいをよりおいしく

桃販売.netではおいしいものを提供するため、桃 栄養についても徹底的に吟味を繰り返します。桃が日頃からどのような栄養やミネラル成分を欲しがっているのかを常に考え、必要に応じて与えて行くこと。それがよりおいしい桃を販売することの向上ポイントとなります。

桃とコミュニケーションをとる

『桃とコミュニケーションをとること』さくらんぼもりんごも、人間も皆同じなのです。福島桃の販売にとって余分なものはかえって品質やうまみのためにはならないのです。桃 販売.netからお届けする福島桃は、農薬や肥料の使用を最低限に抑えて栽培をしております。農薬や肥料というのは、人間でいうなれば『サプリメント』と同じような役割となります。適度なサプリメントを与えることは桃にとっても非常に理想的です。ただし、農薬や肥料といったサプリメントを大量に与えることは、桃にとって不健全になってしまいます。農薬や肥料の与え方は、最初はやや足りないのではないかと思うくらいの量を適度に与えて様子をみていきます。桃販売.netでは、福島桃のサプリメントとなる農薬や肥料の選択から徹底して産地直送の桃づくりに励みます。福島の土地や環境の風合い、そして品種との相性をしっかりと見極め、基本的な肥料から不足している微量元素や酵素までをと会話をしながらゆっくり見つけるのです。
普段、栽培している樹が何を欲しているのかを観察し続けることは、桃の完成度を高めていくきっかけとなります。じっくり時間を費やしながら、時間をかけて長期的に産地直送の福島桃づくりの栽培をします。そして、栽培40年の伝統と歴史のある手法と考え方で、おいしい福島桃を全国に産地直送でお届け致します。そして、おいしい桃 保存方法についもご紹介させていただいております。


桃販売.netの桃はこちらから

  • 3kg(9〜10玉) 販売価格\3,240

  • 2kg(5〜8玉) 販売価格\2,160

  • 1kg(4〜6玉) 販売価格 \1,080

様々な品種の栽培に挑戦

桃 販売.netでは、あかつきに重点を置いて販売をしておりますが、農家個人の考えとしては、あかつきをより優れた品種として販売するためには、より多くの品種を思考錯誤をして、味を比較する必要があると考えております。よりおいしい桃を販売したいという気持ちで、福島という素晴らしい土地で栽培します。 桃の販売における桃の枝について、先端に残しておくことで日持ちもよくなるとされています。菜を摘むことで桃に色をつけることもできますが、日光をあてたほうが桃自体のうまみや品質もあがるので、産地直送販売の場合は最低限に抑えていることもあります。 桃の販売においては色づけや見た目も大事ですが、何よりも味や品質にもこだわります。桃の見た目や多少の痛みやすさなど販売において様々なリスクがあっても、うまみや品質を優先します。また、桃販売.netではおいしい桃 見分け方桃 料理レシピについてもご紹介しておりますので、最高の状態を楽しむことができます。