桃の見分け方

みなさんは、スーパーやホームページで桃を選ぶとき、何を基準にして判断していますか?よく、実際に触ってみて、その柔らかさを基準に熟しているかを判断し、購入する方を見かけます。しかし、桃はデリケートな果物ですので、ちょっと果実を押しただけで、そこから痛みだしてしまうので、特にスーパーなど自分が購入するかわからないものを触って確かめる作業はおすすめできません。スーパーに並ぶ桃や、箱詰めされた桃が一玉一玉丁寧にウレタンのネットのスカートを履いているのはそのためです。どのようにしておいしい桃を見分ければよいのでしょうか?実は、おいしさの基準となる判断材料は、桃の見た目だけである程度判定することができるのです。桃 見分け方について考えてみていきましょう。

割れ目を境に左右対称で、まるみのあるもの
皮の色 ピンク色もしくは黄色がきれいなもの(透明感のある皮は食べ頃)
香り ほんわりの香るもの
果実の質感
  • 皮の表面部分全体に産毛のような薄くて柔らかい毛がしっかりと生えているもの
  • 傷がついて傷んでいないもの
  • 実だけではなく、枝の部分にまでしっかりと色がついているもの

桃 見分け方については上記の表からもわかるように、形・色・香り・果実の質感などをよく観察することで、ある程度おいしい桃を見分けることができます。形については、ぱっと見たときにわざわざ歪なものを選ぶことも少ないと思いますし、皮の色につきましても傷んでいるものや黒くなったものを選ぶこともなかなかないのではないのではないかと思われます。
今回特に気をつけたいのは、香りについてです。見た目や柔らかさについては気にする方も多いのではないかと思われますが、実は香りについてはそこまで気にする方も多くはないのではないのでしょうか。おいしい桃を見分けるためには、五感もふんだんにつかってほんのりと香りの広がるものをおすすめします。
そして極めつけはやはり質感ですが、これは柔らかさを調べるのはではございません。あくまで皮の表面部分をよくみてみるのです。産毛のような柔らかい毛がたくさん生えているものはおいしい証拠です、しっかりと見てみましょう。

桃販売.netの桃はこちらから

  • 3kg(9〜10玉) 販売価格\3,240

  • 2kg(5〜8玉) 販売価格\2,160

  • 1kg(4〜6玉) 販売価格 \1,080