桃の栄養と効能

桃 栄養について、桃を摂取することによって、健康面においてどのような栄養・効能があるのでしょうか。古来、人間は果物を食べてきたという歴史があり、人間と果物は非常に関わりの深い関係です。桃は、皮を剥くと水々しく、水分が多く含まれているので、脱水症状の起きやすい夏場には最適です。その他の、桃の成分についても考えてみましょう。(桃 保存方法はこちら)

ビタミンC 8mg
カリウム 180mg
リン 18mg
ビタミンB1 0,01mg
ビタミンEC 0,7mg
エネルギー 40kcal
ナイアシン -
ビタミンE -
カテキン -

夏場に多く摂取することのできる桃についてですが、桃 栄養を考えるうえで欠かせない主な栄養成分としては、ビタミンC・ビタミンE・ナイアシン・カリウム・水溶性食物繊維を多く含んだペクチンが含まれてます。では、ペクチンとはどのような成分でしょうか?
ペクチンとは、主な効能として『便秘を解消する』効果があるとされております。便秘が解消されると、肌の調子もよくする効果があるので、女性にはうれしい美肌の効果にも最適です。また、ペクチンは血行を良くしたり、高血圧を予防する効果もあります。
更に、ペクチンにはコレステロール値を下げる栄養素も含まれております。桃に含まれるペクチンと呼ばれる成分は、人々の健康にとって 必要不可欠です。桃に含まれるビタミンCは、人々の肌に潤いを与える働きがあります。ペクチンは便秘解消によって美肌の効果を得ることができますが、ビタミンCは直接美肌効果を得ることができるのです。
桃の栄養と効能について考えるうえで、欠かすことのできない成分にナイアシンがあります。ナイアシンは桃の成分の中でも特に多く含む成分となります。ナイアシンの働きについてですが、主に糖質・脂質・たんぱく質などといった、人間の細胞内で活動エネルギーとなる酵素の働きを助ける重要な役割を果たします。ナイアシンは人間の皮膚や粘膜の健康を保つための働きもあります。
桃に含まれる成分には、カリウムとよばれるミネラル成分の一種も含まれております。カリウムは、ナトリウムとバランスを保ちながら人体の細胞を正常に保ちながら、血圧を調整する働きをもっています。
桃に含まれている成分には、カテキンとよばれる栄養素もあります。カテキンは、ポリフェノールの一種ともされており、桃 栄養は人間にとって難病とされる動脈硬化や心臓病・抗がん作用・糖尿病、そして若さを保つうえで大切なアンチエイジングの効果もあります。(おいしい桃 見分け方はこちら)


桃販売.netの桃はこちらから

  • 3kg(9〜10玉) 販売価格\3,240

  • 2kg(5〜8玉) 販売価格\2,160

  • 1kg(4〜6玉) 販売価格 \1,080