桃の料理レシピ

桃は水々しく、甘味が強くで見た目も美しいので、できるのであればそのまま食べるのが理想的です。しかし、例えば桃の素材を生かしながら、一工夫した料理に挑戦してみたい方や、ちょっと桃を傷めてしまった場合に、料理として加工すれば楽しくお召し上がりいただける場合もございます。このページでは、ちょっとの工夫で桃を大変身させてしまうような料理レシピをご紹介致します。

  • 桃を生かしたコンポート
  • みなさん知っていますか?パンナコッタ
  • 夏の暑い日にはぴったり!シャーベット
  • カスタードにもぴったり!桃のタルト
  • 桃本来の甘味を最大限に生かした桃ジュース
  • これは新しい!?桃スープ

桃のコンポート 桃がもつ本来の旨味と柔らかさを生かした桃のコンポート

4個
600cc
グラニュー糖 約120g
レモン 1/3個分
  • ①果物ナイフや包丁で薄くスライスをしたレモンを用意します。
  • ②4個の桃をよく水で洗い、皮を剥かずに半分ずつ切っておきます。
  • ③鍋の中に新鮮な水を少々・グラニュー糖約120g・そして①で用意しておいたレモンの薄いスライスを入れます。
  • ④②で用意した半分に切っておいた桃を、③で準備しておいた鍋に入れて強火でしばらく蒸します。この作業中、鍋を煮すぎてしまうと桃のジャムになってしまう可能性がございますので十分に注意してください。
  • ⑤④の鍋が十分に沸騰しはじまったところで火を弱火にし、だいたい5分程度起きながら冷まします。粗熱をとるような意識で冷ますとよいでしょう。
  • ⑥しばらくして冷めきったら、冷蔵庫に入れて冷やしておきましょう。
  • ⑦完全に冷めきるまで置いておき、最後に桃の皮を一玉ずつ丁寧に剥いていけばコンポートのできあがりです。

桃のパンナコッタ パンナコッタは濃厚な牛乳の寒天です。

ゼラチン 約5g
牛乳 150cc
生クリーム 200cc
砂糖 50g
バニラエッセンス又は洋酒 お好みで

パンナコッタは、桃と組み合わせることでこれまでにない絶妙な食感と桃のほのかな香りを楽しむことのできる料理です。桃本来の旨味・風味と独特な柔らかさを十分に生かしたおいしいパンナコッタは桃のコンポートと組み合わせてみるのもGOOD!です。

  • ①まず初めに、牛乳約150cc、生クリーム約200cc、砂糖約50gをできるだけよくかき混ぜて、その後弱火にかけます。
  • ②よく沸騰する直前に火を止めます。その後、ゼラチンを約5gほど入れてからよく溶かすようにかき混ぜます。
  • ③お好みで用意していたバニラエッセンス又は洋酒を加えてよく混ぜます。この段階まできたら粗熱をとるようにするのですが、このときは必ずボウルに水を張り、鍋をよく冷やしながら混ぜまぜるようにしてください。(この作業を省いてしまうと、分離して2層になってしまう場合があります。)
  • ④最後に、パンナコッタを盛りつける入れ物に漉しながら流すと完成です。
  • ⑤もう一工夫として、④に桃のコンポートを丁寧に添えてみると、よりおいしい桃のパンナコッタを楽しむことができます。

タルト カスタードクリームにぴったりの桃のタルト

[タルト生地]
バター 60g
砂糖 40g
1/2個
薄力粉 120g
[カスタードクリーム]
牛乳 200cc
卵黄 1個分
グランニュー糖 大さじ1
コンスターチ・バター 各10g
[トッピング]
桃のコンポート 適量
  • ①練ってやわらかくなったバターに砂糖を加えて、白っぽくなるまで練りましょう。
  • ②溶き卵を少しずつ加えて、ふるった薄力粉を入れましょう。
  • ③ひとまとめにしてラップに包んだら、冷蔵庫で30分くらい寝かせましょう。
  • ④タルト生地を麺棒で5mmの厚さにのばします。あらかじめ薄くバターを塗り、薄力粉をふるっておいた型にタルト生地を敷きます。
  • ⑤型からはみ出た部分を取り除き、底にフォークで何ヶ所か穴を開けましょう。180℃のオーブンで15分間焼きましょう。
  • ⑥耐熱容器に卵黄、グラニュー糖を入れ、白っぽくなるまで混ぜ合わせます。牛乳とコーンスターチを加えて混ぜたら、ラップをかけずに電子レンジで3分加熱します。なめらかになるまで混ぜましょう。
  • ⑦カスタードクリームが熱いうちにバターを加えて混ぜたら、冷ましましょう。
  • ⑧できたタルト生地に桃のコンポートを飾り付けたら、桃のタルトの完成です。桃のコンポートは、上記の作り方を参考にしてくださいね。

シャーベット 桃のほのかな香りを楽しむ

2個
200cc
卵白 1個分
レモン汁 大さじ2
はちみつ 大さじ2〜4杯
  • ①桃2個分を丁寧によく洗い、桃の皮を剥ぎながら適度な大きさでカットし、桃の種を取り除きます。
  • ②①で準備した桃をミキサーに入れ、水200ccとレモン汁大さじ2杯分、はちみつをミキサーに加えます。はちみつは自分の好みに甘さを調整しながら入れるとよいでしょう。
  • ③ミキサーを回してできた桃の液状をすべてバットに流し入れ、ラップにかけて冷凍庫で約1時間程冷やします
  • ④③でできた液状を冷蔵庫から取り出すとやや固まるので、泡だて器で一度崩します。この流れを2度おこなってください。そうするとシャーベットに近い素材となります。
  • ⑤冷蔵庫に入れている30分〜1時間の間に、ボウルに卵白を入れ、泡立ててメレンゲを作ります。凍ったシャーベットを軽く崩し、メレンゲを加えて混ぜ合わせましょう。
  • ⑥冷凍庫で30~40分凍らせます。あらかじめ冷やしておいた器に、崩したシャーベットを盛り付けたら、桃のシャーベットの完成です。
  • ※季節によって異なりますが、一度冷凍した桃や果物は解凍するまでに時間がかかります。

桃ジュース のどごしまろやか、桃ジュース

牛乳 200cc
砂糖 大さじ2
レモン汁 小さじ2
  • ①あらかじめ桃をよく洗い、皮を剥いて種も取り除て果実だけの状態にします。
  • ②用意したミキサーに牛乳200cc、砂糖(大さじ2)、レモン汁(小さじ2)すべて入れて、しっかりと混あわせれば、桃ジュースの完成です。牛乳のまろやかみに、桃の甘みがほんわりと広がる口当たりが特徴です。

桃スープ おいしい桃のスープ・レシピ

3個
プレーンヨーグルト 250cc
豆乳 150cc
生クリーム 大さじ4
ミントの葉 適量
  • ①ジュースにしたい桃をよく新鮮な水で洗います。その後、桃の皮をきれいに剥き、中身の種もざっくり取り除き、桃の果実だけがのこる状態にしましょう。あらかじめ用意しておいた3玉分の桃のうち、1玉はだいたい1cm角に切り、のこり2玉の桃は乱切りにします。
  • ②あらかじめ用意しておいたジュース用ミキサーに①で乱切りにした2玉分の桃・プレーンヨーグルト約250cc、豆乳約150cc、生クリーム大さじ4を加えてよくかき混ぜます。
  • ③①でだいたい1cm角に切っておいた桃1玉を加えて、冷蔵庫の中で冷たくなるまでよく冷やしておきます。
  • ④③でほぼ完成ですが、その後容器に注ぎ入れた桃スープに、添えるようにしてミントの葉を加えると、よりよい風味が桃スープ全体に広がります。

桃販売.netの桃はこちらから

  • 3kg(9〜10玉) 販売価格\3,240

  • 2kg(5〜8玉) 販売価格\2,160

  • 1kg(4〜6玉) 販売価格 \1,080